中野区弥生町にある内科 泌尿器科|尿漏れ 糖尿病 クラミジア 尿管結石 女性泌尿器科

各診療科目

女性泌尿器科

これまで泌尿器科は女性にとって受診しづらい科とされてきました。
しかしながら排尿の問題は女性にとって決して稀ではありません。
女性泌尿器科では女性患者さんのQOL(quality of life:生活の質)の向上を目指しています。
気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

主な疾患
  • 尿失禁(尿もれ)
  • 頻尿、過活動膀胱
  • 間質性膀胱炎(膀胱部痛症候群)
  • 骨盤臓器脱(性器脱)
  • 急性膀胱炎、腎盂腎炎

そのほか健康診断で血尿を指摘された、尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある、慢性骨盤痛症候群(明らかな原因がないのに下腹部に痛みがある)、膣痛症(膣に痛みがあり赤くなっていたりする)、女性性機能障害(セックスしたいのに何らかの理由でできない)、なども扱っています。
そのほかでも気になる症状がありましたらお気軽にご相談下さい。

尿検査 出血、感染などの有無を調べます。
内診 子宮脱などの性器脱の有無、骨盤底筋の強さ、咳をしたときに実際に腹圧性尿失禁が出現するか、神経反射の状態などを調べます。
超音波検査 尿路(腎臓、膀胱)や周辺臓器(子宮、卵巣など)に異常がないか調べます。
尿流量測定/
残尿測定
排尿の機能検査です。尿の勢いと残尿(排尿後に残っている尿量)を調べます。
膀胱鏡検査 内視鏡を使って膀胱の中を見る検査です。
主な治療方法
膀胱訓練

尿が漏れてしまうと十分に尿をためずに排尿してしまう癖をつけてしまいます。
そうなると膀胱は更に尿をためにくくなり、尿を出す力が弱まることが多くなります。
必要であれば尿をためる、すなわち排尿を我慢するという膀胱訓練も頻尿や切迫性尿失禁の治療に有効です。

薬物療法
腹圧性尿失禁

β刺激薬;尿道の抵抗をあげて腹圧がかかっても尿が漏れるのを防ぐ効果があります。軽症の方に有効です。

切迫性尿失禁、過活動膀胱

抗コリン薬;膀胱をリラックスして尿をためやすくし、膀胱の勝手な収縮を抑える効果があります。
その他、抗うつ剤、漢方薬なども有効な場合があります。

間質性膀胱炎

知覚過敏状態を緩和させるため抗うつ剤、抗コリン剤が有効なことが多く、アレルギー疾患とも考えられているため抗アレルギー剤が有効なこともあります。
そのほか漢方薬が有効な場合があります。

ページのトップへ