中野区弥生町にある内科 泌尿器科|尿漏れ 糖尿病 クラミジア 尿管結石 性感染症

各診療科目

性感染症

性感染症は若い人の間で増加傾向にあります。
最近では15~19歳の女性の20人に1人、20~24歳の女性の15人に1人がクラミジアにかかっています。クラミジアや淋病に感染すると、エイズに3~4倍かかりやすくなると言われています。
また放置した場合には、男性は精巣上体炎(副睾丸炎)や不妊症、女性は子宮頚管炎、卵管炎、不妊症などになる可能性があります。

性感染症の特徴
  • 性行為(性交)にともなって感染する病気である
  • キス、オーラルセックス、アナルセックスでも感染する
  • 男女間とはかぎらず男性同士でも感染する。女性同志では感染することはまれである
  • 性行為をしていない人にはうつりにくい病気である
  • 女性に多い膀胱炎とは全く違う病気である
  • 排尿痛、排膿、異臭がある場合は当院までご相談ください
性感染症の種類
  • 1:クラミジア
  • 2:淋病
  • 3:非淋菌性非クラミジア感染症(マイコプラズマ、ウレアプラズマなど)
  • 4:尖圭コンジローマ
  • 5:梅毒
  • 6:エイズ
  • 7:性器ヘルペス
  • 8:毛ジラミ
  • 9:A、B、C型肝炎
  • 10:アメーバ
ページのトップへ