中野区弥生町にある内科 泌尿器科|尿漏れ 糖尿病 クラミジア 尿管結石 前立腺肥大

各診療科目

前立腺肥大

前立腺肥大症とは

前立腺は、男性の膀胱の出口を取り巻くように存在していて、その中心を尿道が通っています。
前立腺は、精液に栄養を与えている器官ですが、加齢によって大きくなると言われています。
「前立腺肥大症」は、前立腺の内線と言われる部分が肥大して大きくなり、その結果、膀胱の出口が圧迫されるために、尿の出や勢いが悪くなる病気です。
前立腺肥大症の患者様は、50歳代以上に多くみられる病気です。

前立腺肥大症の症状としては

前立腺肥大症の症状としては,尿がすぐ出ない、少ししか出ない、尿をした後もスッキリせず、残尿感がある、トイレが近くて特に夜間に行く回数が多い、などがあります。
こうした状態を長い間放っておくと肥大が進んでしまい、膀胱に残る尿の量が増えて、感染や腎不全などの病気を引き起こすこともあります。
当院ではエコー検査、尿流測定、残尿測定で前立腺肥大症の程度が判定できます。大部分の患者様は薬物だけでかなり効果が出ます。また、症状が残る患者様は 漢方薬 を併用することで有効率を上げることも可能です。

検査方法
検尿 前立腺肥大症による残尿が増えるため、尿路感染の合併の有無や、泌尿器科疾患の潜在の有無を調べます。
尿流測定 尿流量計に普通に排尿するだけで、尿の勢いや排尿の具合が分かります。
尿流測定で判る最大尿流量(尿流率:1秒間の排尿量)という値が高いほど、尿の勢いが良いことを示します。
平均尿流率だけでなく、尿線が途切れたりする様子も記録されます。
超音波 親指程度の超音波の機械を肛門より挿入し、前立腺の体積(大きさ)形状を観察します。また前立腺がんの鑑別等も併せて行います。
腹部からの超音波検査は、残尿および腎臓の状態を観察します。器械の種類により尿道から入れる方法もあります。
採血 血液の中の前立腺腫瘍マーカー(前立腺特異抗原)を調べます。前立腺がんがある場合はこの値が高くなります。
また前立腺肥大により慢性的に尿の通過障害があった場合、腎機能障害を合併することもあり、この検査も併せて行います。
直腸診 前立腺の一部が直腸壁と接触しているため、肛門より指を挿入する事により前立腺の大きさ、硬さ、痛みのあるなしを触診することができます。
レントゲン検査 昔から行っている方法で、尿道に造影剤を入れて前立腺の大きさを尿道や膀胱の形の変化で判断しようとするものです。
膀胱、尿道鏡 直接前立腺を尿道から挿入する鏡で直接見る方法で、膀胱の中の異常も確認できます。
手術を予定している場合にその直前に行われることがあります。
ページのトップへ